地域子供会や婦人会などのレクレーション

ボウリングはスポーツの中で最も、一般の方に携われているスポーツではないでしょうか。ボウリングを行うボウリング場という施設も数多く存在しており、誰もが気軽にボウリングを楽しむ事が出来るようになっています。

ボウリングは老若男女に問わず多くの方に人気があり、楽しみ方もその人によって様々です。

友達同士や会社の仲間たちと大勢で盛り上がったり、恋人同士やご家族で楽しんだり、地域の子供会や婦人会などのレクレーションなど、様々な用途で多くの方にボウリングは楽しまれています。

またボウリングは、れっきとした球技スポーツの一種ですので、娯楽目的だけではなく技を極めボウリングに真剣に取り組んでいる方も多く存在します。

娯楽目的でボウリングを利用している方も、スポーツとしてボウリングに取り組んでいる方も、ボウリングを楽しむ上で共通しているのが、上手にボウリングのボールを投球する事ではないでしょうか。

ボウリングとは、そもそもボールをピンに目掛けて投球し、ピンがいくつ倒れたかを競い合うゲーム若しくはスポーツですので、基本的にはボールをきちんと投球する事が出来なければ楽しむ事はできません。

ボールをピンに目掛けて投げるだけですので単純で簡単そうに見えますが、これが意外と難しく中々思う様にはいかないのです。

ボールが真っ直ぐに進んでくれずガーターに落ちてしまったり、真っ直ぐに進んだとしてもボールの勢いが弱い為ピンが少ししか倒れてくれなかったり、逆にボールの勢いが強すぎて少数のピンしか倒す事が出来なかったりと、ピンを全部倒す事は簡単ではないのです。ですのでボウリングを楽しむ為にはまず、きちんとした投球が出来るようになる事が第一条件なのです。

基本的なボウリングの投球法は助走は四歩とされ、右足から始まり、左足、右足、最後に左足でボールを投球というのが基本とされています。ボールの構え方は、手首をなるべく曲げずに真っ直ぐ伸ばし、膝を少し下ろしてあげると右足がスムーズに出やすくなります。

最初の右足が出たら、ボールを狙っている方向へと真っ直ぐに押し出すような感じで左手はボールから離します。肘は真っ直ぐ伸ばして下さい。

二歩目の左足が出たら、バランスを保つために膝を少しだけ下ろし重心を下げる様にし、脇はしっかりとしめたままで上半身も右肩があまり下がり過ぎないようにバランスを保つようにして下さい。

三歩目の右足が出たら、ボールは自然に後ろの方にいっているはずですので、力は入れ過ぎずにあくまでも自然な力に任せるようにして下さい。この時、左腕を大きく広げるとバランスをしっかりと保つ事が出来ます。

最後のフィニッシュを決める左足は、直ぐにピタッと止めるのではなく、少し流すような感じで止めるとボールの勢いがつきやすいと言われています。手首は最初の時と同様に真っ直ぐに伸ばし、ボールを離す瞬間は、最初に親指から離す事を心掛けて下さい。

これらを上手くマスターする事が出来れば、ボールがピンに目掛けて真っ直ぐに進むようになりなります。ピンをたくさん倒す事が出来れば、より一層ボウリングを楽しむ事が出来ます。

ですが一番のボウリングの楽しみ方は、ご自身が心からボウリングを楽しむと言う事です。気の合う方達とワイワイ盛り上がりながら楽しむ事が一番です。